デジタルカメラとは

デジタルカメラとは

デジタルカメラは通称デジカメと言いますが、これは、撮影した画像(光)をデジタルデータとして記録するカメラのことで、主として、コンパクトデジカメ、トイデジカメ、 デジタル一眼カメラの3種類に分けられます。

コンパクトデジカメは小型・軽量のもっとも一般的なカメラです。このため、初心者向けモデルに限らず、マニア向けのマニュアル操作に重点を置いた上級モデルまで、幅広いタイプのものがあります。

しかし、最近では、携帯電話やスマートフォンなどに付随しているカメラの機能がかなり向上していることもあり、低価格モデルは減少傾向にあります。

その一方で、背景をぼかして撮影できるハイエンドモデルなどのカメラの人気が高まっています。

デジタル一眼カメラと同様、フルサイズやAPS- Cサイズの撮像素子を採用する機種が増加しており、初心者が手軽に撮影しても、細かいところまできれいに撮れるのが特徴です。また、高倍率ズームモデルも増えています。

この他、お手軽な価格で、おもちゃ感覚で使えるトイデジカメも人気です。ただ、液晶モニターやフラッシュがないなど、機能面や画質などではコンパクトデジカメより劣りますが、独特の味わいを持った撮影ができます。


 

サイトマップ