ノンバーバルコミュニケーションの重要性

ノンバーバルコミュニケーションの重要性

昔、まだテレビが白黒だった時代、NHKに「連想ゲーム」という番組がありました。
これは、紅白のチームに分かれ、チームのメンバーが交代で、出されたテーマを身振り手振りで伝え、そのテーマを当てさせると言うものでした。
言葉を使うことができないので、有名な俳優やタレントが四苦八苦して伝えようとするさまが面白おかしく、結構、人気のあった番組でした。
言葉を使うことなく、身ぶり手振りで意思を伝えようとする行為、これが、正に、ノンバーバル(非言語)コミュニケーションです。
コミュニケーションの方法には、言語によるものと、非言語によるものがありますが、人が他人から受け取る情報の割合について、アメリカの心理学者アルバート・マレービアン博士が行った実験によると、顔の表情、身だしなみ、しぐさと言った視覚情報が55%、相手の声の質、話す速さや大きさ、テンポが38%、話す内容が7%だったそうです。
すなわち、人を判断する際に大きく影響を受けるのは、93%がその人の顔の表情やしぐさ、声の質などで、主要なコミュニケーション手段として考えられていた話す言葉の内容は、僅か7%に過ぎないということです。
電話で幾ら誠心誠意を込めて説明しても、7%しかその真意が伝わらないと言うのは、なんとも切ない話ですが、営業マンの心得として叩き込まれるのが「顔を直接合わせて売り込め」ですが、やはり正鵠を射ていたんですね。おそるべし、連想ゲームといったところでしょうか。


 

サイトマップ